長時間のテレワークに耐えられるおすすめの椅子(チェア)を厳選

私達が毎日通うオフィスにはパソコン環境、デスク、そして長時間座るための椅子すべてのデスクワークの環境がすべて整っています。

それは会社が快適に長時間のデスクワークでも疲労を少なくするためと、オフィスでの作業によって最大限のパフォーマンスを出してもらうための会社の先行投資です。

当然かと思われる環境ではありますが、テレワーク・リモートワートなれば環境は一変し、私達自身でオフィスのような環境を作らなければなりません。

目次

テレワークに必要な家具で「椅子」最も重要なアイテムの理由

オフィスではなく自宅でテレワークの椅子環境を作る

今までオフィスで仕事をしていた時は、気にならなかったのにテレワークで長い時間自宅で仕事をしていると、腰や肩に疲れを感じている人も多いのではないでしょうか?

オフィスにある椅子は値段が高く無いモノだとしても、長時間デスクワークをする事を想定してい作られています。

自宅にあるテーブルと椅子、もしくはソファーは長時間デスクワークをするために作られている訳ではありません。当然オフィスにいる時と同じような時間座っていれば、体への負担は大きくなります。

テレワークは長時間座り続ける

テレワークは、オフィスでの仕事と違い自宅での勤務なので、自由度が高く体への負担が少ないと感じる方もいると思いますが、実際には作業できるのはパソコンの前だけで、隣の部署へ行くことや取引先へ出向くような事もありません。

てれわくのアイコン画像てれわく

単純に座っている時間だけで考えれば、オフィスよりもテレワークでの在宅勤務時の方が長くなっている方も多いのではないでしょうか。

同じ姿勢を保つことによる体への負担

それだけ姿勢を良く座っていたとしても、同じ姿勢をずっと保っていると体への負担はどうしても大きくなります。

自分の使い方に合った椅子を利用する事で、体への負担も少なく作業効率も格段にあがります。人生の3分の1は寝てる時間なので、寝具に拘る人も多いですが、同じ様に人生の決して少ない時間を椅子に座って過ごすのであれば、快適な椅子を使うことがとても大切になってきます。

テレワーク・リモートワーク作業におすすめの椅子

今後もテレワークという働き方が定着していくのであれば、自宅に仕事用の椅子を1つ用意して置くのが体の事を考えると得策なのではないでしょうか?

デスクワーク用の椅子と言っても、値段や機能によって色々なメーカーから様々なモデルが販売されています。今回はその中でもテレワーク向きの椅子をいくつか紹介していきたいと思います。

オフィスチェアとして実績のある「アーロンチェア」

アーロンチェアは、アメリカの家具ブランド「ハーマンミラー社」が販売している高級ワークチェアです。

人間工学に基づいて設計された高機能ワークチェアで、通常の椅子に見られるようなシートクッションを排除し、メッシュ素材になっているので、理想的な体重分散と通気性、特徴的なデザインになっています。

アーロンチェアはイームズシェルチェアなどで知られるアメリカを代表する家具ブランド、ハーマンミラー社の人間工学(エルゴノミクス)、人体の運動理論に基づいて設計された高機能ワークチェアで、世界で初めてシートクッションを取り除きメッシュを採用した椅子です。座る人ひとりひとりの体型や使うシーンに合わせて細かく調整できる機能の充実と、通気性や理想的な体重分散を実現したメッシュの張り地が腰にかかる負担を軽減、腰痛を起こりにくくします。

https://www.vanilla-chair.com/fs/aeron/c/himitsu

アメリカのブランドですが、使用者の体型や利用環境に合わせて事細かくカスタマイズ出来るので、日本人の体型でも快適な座り心地を実現してくれます。

アーロンチェアには12年間と長い保証期間があり、通常利用・経年劣化で壊れた場合には無償で修理してくれます。価格は決して安くない高級ブランドですが、立つ・寝る・座ると、人間の3姿勢の一つである座ってる時間を快適に過ごすため、そして、12年間快適に使える事を考えれば決して高くない投資になるのではないでしょうか?

ゆったりリラックスもできる「オカムラ」

オカムラは日本が代表するオフィス機器ブランドで、オフィスの用の椅子だけではなく電車や病院などの医療施設でも多く採用されている品質が高いブランドになります。勤務先のオフィスの椅子がオカムラの方も多いのではないでしょうか?

オカムラの椅子は価格帯別に数十種類販売されていますが、リクライニング機能が付いたモデルもあるので、仕事中に背筋の緊張をほぐすためにリクライニングしながら背を伸ばすような使い方も出来ます。

リクライニング以外にも、手すりの位置や角度など細かい調整が効くのも、日本のブランドらしいきめ細かい心遣いですね。

コストパフォーマンスに優れた「ニトリの椅子」

「もちろん座り心地の良い椅子がいいけど・・・高すぎる・・・」という人には、簡単に安く手に入るニトリの椅子もおすすめです。

自宅を探せば、何かしらニトリの家具を持っている人も多いと思いますが、ニトリは品質が良い家具を安く手に入れることが出来るコストパフォーマンスに優れたメーカーです。

1万円を切る価格のワーキングチェアーも販売されているので、テレワークが週に1〜2回でそこまで高い椅子は必要ないという人なら十分実用的。

ニトリのおすすめのオフィスチェア

省スペースを確保できる「折りたたみ椅子(チェア)」

テレワーク用の椅子がほしいけど、そもそもテレワーク用のデスクが用意できず今使っているテーブルなどを利用する場合でも、専用の椅子がほしいという場合なら折りたたみ椅子という選択肢もあります。折りたたみの椅子は必要ない時は畳んでおけば、スペースも取らず置く場所にも困りません。

折りたたみの椅子でも、背もたれが有るものやクッションが優れたものを選べば長時間作業をする時の疲労を低減してくれるので、食事用の椅子を使うよりも快適に仕事が出来ます。

購入予算を抑えるなら「椅子レンタル」のサブスクリプション

テレワークは今後増えていくことは間違いありませんが、職種によってはテレワークではどうしても対応できない業務が有る方も多いと思います。

快適にテレワークが出来るように、良い椅子が欲しいと思っていても今後のテレワーク業務がどの程度の頻度であるのかわからないと不安な場合には、椅子のサブスクリプションもあります。

「サブスクライフ」は月額数百円からレンタルする事が出来るサブスクリプションで、現在リモートワーク特集を組んでおり、デスクや椅子も数十種類用意されています。

椅子など、知らない人が密着して使っていたものをレンタルするのが不安と思う人も多いと思いますが、サブスクライフで取り扱っている製品は全て新品が送られてくるので、衛生面でも不安なく使用する事が出来ます。

サブスクライフ公式

その他には大手だと無印良品のサブスク「IDÉE」が一部地域限定で開始したり、大塚家具が「airRoom」との提携でサブスクを開始しています。

既に椅子所有の方は「腰痛予防アイテム」

テレワーク専用の椅子がベストですが、既に椅子を持っていて新しく椅子を置くスペースがない場合には、クッションなどの腰痛予防アイテムを利用することで快適なテレワークを行うことが出来ます。

座り過ぎによる腰痛の予防としては、ストレッチなど定期的に体制を変えることも有効ですが、座っている時間が長くなるので、やはり座っている環境を整える方が有効です。

例えば、椅子の座面が硬い場合には座布団などの厚みのあるクッションを引けば、ある程度腰痛も軽減されると思われる方も多いと思います。座面の硬さももちろん大事ではありますが姿勢が重要になってきます。

おすすめの腰痛サポートグッズ


低反発の素材を使ったクッションを利用する事で、垂直にかかる体の重さを分散し、お尻のダメージを減らしてくれるのはもちろん。重さを分散してくれる事で、姿勢も自然な疲れにくい体制になるので腰痛の予防にもなります。

テレワーク用の椅子の導入が難しい人は、クッションを利用しても良いと思いますよ。

この記事を書いた人

テレワークは2009年から開始し現在は個人事業主として飲食通販製品を開発・オンラインショッピング・ウェブマーケティングをオンライン上で行っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる