モバイルWIFIルーターのメリットとデメリット

モバイルWiFiルーターとスマホのメリット

どこでも持ち運びが出来るモバイルWIFIルーターの利用が広がっています。このモバイルWIFIルーターのメリットやデメリットにはどういうものがあるのでしょうか。

また実際に利用するときはどのようにすれば良いのでしょうか。モバイルWIFIルーターを利用するにあたっての疑問を一つ一つ解決していきます。

モバイルWIFIルーターと家庭用WIFIルーターの比較

モバイルWIFIルーターは、家庭や職場、無料のWIFIスポットではなく、どんな場所にいても、自由にWIFIを利用してインターネット接続が行えるようにするためのものです。

最近は、携帯電話キャリアのLTEなどの高速なネットワークの普及により、有線ネットワークと変わらないレベルでの速度で無線インターネットを活用できるようになっています。

また、クラウドの普及から、場所を限定しないインターネット接続が出来るモバイルWIFIルーターの利用が増えています。

ここでは、モバイルWIFIルーターを通常の家庭用のWIFIルーターと比較した場合、どういうメリットやデメリットがあるのかということについて見ていきましょう。

家庭用のWIFIルーターは普通に家電量販店などでよくみかけるもので、フレッツ光やADSLなどによって接続された回線を家庭で無線利用するためのものです。当然家庭の中でしか使えません。

モバイルWIFIルーターは携帯電話キャリアなどの電波を利用しますので、外で好きな場所で使えるというメリットがあります。これは非常に大きい。

しかし、デメリットとして光ファイバー等に比べると速度が遅い。電波が安定しないと接続が不安定になる。コストが高いといったものがあります。

しかし、これらのデメリットはLTEのエリア拡大や、定額制のサービスの出現などによりかなり解決されてきています。

モバイルWIFIルーターは「購入」?「レンタル」?

モバイルWIFIルーターを利用する場合、大きく分けて「購入」と「レンタル」の2つの方法があります。

今度はこの利用法の選択によるメリット・デメリットについて見てみましょう。

「購入」のメリットはレンタルの場合にある返却などの手間がかからず、またレンタルに比べると価格が安いことです。

しかしデメリットとして利用してもしなくても月額費用がかかること。そして新機種が出ても簡単に変えられない、ということがあります。

モバイルWIFIルーターは新機種が出るとかなり使い勝手が良くなり通信速度が上がっているケースも多いのでこれは注意する点です。

「レンタル」の場合、逆にメリットは利用したいときにだけ利用できること。機種を自由に変えられること。そして非常に大きなメリットがサービスエリアに合わせて端末を選べることです。

全てのキャリアが全国どのエリアでも使えるわけではないので、場合によってはキャリアを使い分ける必要が出てきます。

レンタルの場合は、こういった場合も自由に適切なキャリアを選ぶことが出来ます。

ではデメリットと言えば、借りて返却する手間や、費用が購入する場合に比べて割高になるところです。

モバイルWIFIルーターを「購入」するにしても「レンタル」するにしても、これらのメリット、デメリットをしっかりと理解した上で決める必要があります。

テザリングによるWIFI利用とどっちがお得?

ここまで読み進めてこられて、読者のみなさんの中には「テザリングとモバイルルータはどっちが良いの?」と思われた方もいるのではないでしょうか。

最近はスマートフォンの利用が拡大していますが、このスマートフォンには自身が携帯電話キャリアの電波を利用するWIFIルーターであるテザリング機能があります。

これを活用すればわざわざモバイルWIFIルーターを別に用意する必要はないのでは?という疑問です。

テザリングによるWIFI利用の最も大きなメリットはランニングコストです。当然ながらスマートフォンとモバイルWIFIルーターを持つということは、1台の場合よりコストがかかります。

その点、スマートフォンでテザリングを使用する場合は安価で済みます。

また、端末をスマートフォンとモバイルWIFIルーターの2台持つ必要がなくなります。逆にデメリットは、通信量の制限があること。

携帯キャリアでは月間で7GB以上の通信量を超えると速度制限がかかることが一般的です。

そうするとテザリングでさまざまなデータをやりとりするとこの制限にひっかかって通信速度が低下してしまうことがあるのです。もうひとつはバッテリーの消耗。

テザリングは結構バッテリーを消耗します。従って、スマートフォンを比較的こまめに充電する必要が出てきます。

逆にモバイルWIFIルーターを使う場合は、コストは若干かかりますがWiMAXなどのように速度制限がかからないものもあり、速度制限がかかるテザリングと比べたメリットがあります。

また企業などで利用する場合は、業務利用のスマートフォンを貸与していない場合でもモバイルWIFIルーターを貸与することで、通信費を企業経費として計算しやすいというメリットもあります。

このようにモバイルWIFIルーターにはさまざまなメリットとデメリットがあります。しっかり理解したうえで、目的にあった使い方を選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です