安いけども格安SIMはやめた方がいい理由は?

格安SIMをやめた方がいい理由は?

今何かと乗り換えている人が多いと言われている格安SIMサービス、今までの大手3代キャリアとくらべても大きく料金を安く出来るということで月々の維持費を下げるメリットがあると言われています。

しかしながらその格安SIMにはやっぱりキャリアと比べてのデメリットがあり安易に乗り換えるのはやめた方がいい理由を解説してみたいと思います。

格安SIMをやめた方がいいと思った理由をまとめ

ではどうして格安SIMをやめたほうがいいのか?その理由を大手キャリアとの比較を兼ねて紹介したいと思います。

①通話料金が高くなる可能性がある

大手キャリアと比べると格安SIMは「電話かけ放題」サービスが弱い傾向にあり、LINE通話であれば良いのですが、格安SIMで用意している電話かけ放題サービスは5分、10分までなどのサービスが多いのです。

もしも電話番号で通話を長い間行ってしまうと通常の基本プランに通話料が加算され請求額が高くなってしまう可能性が大きくなります。

②機種代の割引などが適用されない

大手キャリアに関しては新しいスマートフォンや機種代金の割賦購入を行った時に大きく割引が適用されることが多いのですが、格安SIMサービスに関しては基本的に機種代の割引サービスがありません。

例えば毎月4,000円で割賦購入を行った場合でも大手キャリアなら月月割などの割引が入り機種代が2,000円弱で済むのにもかかわらず、格安SIMで機種を割賦購入しても4,000円の機種代がまるまる請求されるということになります。

③機種に対しての保証サービスがない

同じく大手キャリアと比べて月400円弱で加入できる独自の機種に対しての保証延長サービスや盗難における保証サービスも用意されていません。

よって1年のメーカー保証だけしか適用されず格安SIM経由で購入した機種の万が一の故障などに関しては有償修理になるパターンが多くなると思われます。

④緊急地震速報などの警告アラートに対応していない

日本では非常に重要な緊急地震速報や最近は話題になっているミサイルアラートに大手キャリアは元々対応していますが、格安SIM業者では対応しているパターンと対応していないパターンがあります。

命に関わる緊急アラートでの通知が来ないとなると非常に困ったことになりますよね。

⑤サポート体制があまり整っていない

大手キャリアと比べて、気軽に157や151といったダイヤルに電話をして機器やトラブルに関してのサポートを受けることができません。

基本的に通話代金も有料ダイヤルになりますし、初期設定なども自分自身で行う必要があります。

よってデバイス操作に弱い高年齢の方や操作慣れしていない方にとってはなんでも聞いてくれるというコールセンターサポートがないという事にもなりかねません。

⑥店舗などの有人サポートも受けられない

大手キャリアならドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップといったように各街や地方などにも店舗を構えていますが、格安SIMサービス の場合は店舗を構えていることはほぼありません。

楽天モバイルやmine、UQモバイルあたりは店舗が徐々に増えつつありますが、都心部ばかりでまだ店舗数も数えられるだけにとどまっています。

【関連】:格安SIMを実店舗で契約するデメリット

店舗で修理受付をしたりサポートを気軽にしてもらうこともできません。

やはり格安SIM業者だと人件費をいかに削りシンプルに料金を安くするか?という事に特化している為、なかなか店舗サポートは今後も気軽に受けられそうにはありませんね。

⑦支払い方法がほとんどがクレジットカード

大手キャリアなら口座振替や請求書払いなど様々な支払い方法に対応しているのですが、格安SIMの場合はほとんどがクレジットカード決済にしか対応していません。

UQモバイルなど一部の業者は対応しているようですが、基本的にクレジットカード決済ありきでのサービスになるため、クレジットカードを利用したくない人には選択肢がほとんど無くなります。

⑧通信速度はストレスが溜まる時間帯もある

大手通信キャリアと比べると格安SIMはそれぞれインターネットの速度が若干抑えられる印象があります。

ほとんどがドコモやauから電波を借りてサービス展開をしているのですが本家の通信速度と比べると約半分ぐらいの速度しか実際には利用できない状況になっています。

理由は定かではありませんが、今まで快適に使えていた通信がガクっとおそくなることが多いのでお昼や夜の混み合う時間帯はストレスが溜まるほどの通信速度になることが多いと口コミサイトでもよく言われています。

格安SIMはあくまでも連絡手段として非常に安い契約をして、データ通信量と高速通信ができるモバイルルーターなどを利用している人も多いですね。

多くのデメリットを自己解決を出来るのなら格安SIMはおすすめ

格安SIMをやめた方がいい理由をたくさん述べましたが、

  • 「これらの条件をうまくくぐり抜けられる人」
  • 「自己解決が出来るという」

という方には毎月の維持費を半分もしくは3分の1まで抑えることができるので非常にメリットはあると思います。

また家族で一緒に切り替えて利用するだとか、LINE通話ですべて済ませるということを考えると非常に経済的に携帯電話を持つことが出来るので工夫次第ではデメリットを超えるメリットを得られることもできます。

もしも今回このデメリットに引っかからない自身があるということであれば格安SIMはかなりおすすめできるサービスと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です