新幹線ではWIMAXは全然使えない。やっぱりドコモが移動と地方最強説

新幹線でWIMAX通信はNG

WIMAXは自分でも長いこと利用していますが、移動や出張が多くなり実際にその際に使ってみて正直に残念に思ったことを書いてみます。

とりあえずもう答えを言っちゃいますが、新幹線は本当にWIMAXは使えません。ただの荷物になります。

新幹線でWIMAXを使用して仕事するのは無理

東京から広島への出張だったのですが、新幹線で向かいました。そこでインターネットに接続しながらメールのやり取りやクライアントとのやり取りをしながら向かおうと思ったのです。

そこでインターネット通信をするためにWIMAXを使ってみた所、東京から横浜間は使えましたが、市静岡あたりからほとんどネットに繋がらない状態が続き「全く仕事になりませんでした」

新幹線は高速で走り、電波の届かない山やトンネルを走ることが多いです。そのためWIMAXではその地域では通信ができなくて当たり前かもしれません。

トンネルなどを走行する区間を除き、WiMAX 2+のサービスエリア内であればご利用いただけます。ただし、移動中のご利用では、通信環境の変化により通信品質が不安定、またはご利用になれない場合があります。
東海道新幹線でWiMAXは利用できますか?

WIMAX公式サイトでも「WIMAX2+のサービスエリア内であれば」というやんわりとした言い方をしていますが、新幹線移動の際は殆どの場所でWIMAX2+のサービスエリア外ということを理解しておいた方が良いでしょう。

ドコモ回線はトンネル以外はすべて繋がる

ということでWIMAXの利用をやめてドコモのスマートフォンでテザリングを使用してインターネット接続を行ってみました。

ドコモでも流石にトンネル通貨中のネット接続ができませんでしたが、それ以外の場所を走行中はすべてインターネットに繋がることができました。

この差は非常に大きいと思いました。「WIMAXはあくまでも場所を選ぶ都会向けのインターネット通信」という事になりました。

この差は非常に大きいです。そうなると地方や移動出張が多いサラリーマンや営業の方はWIMAXのサービスは明らかに不向きということが分かると思います。

新幹線や車移動、地方での移動がある場合はドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線を利用できる携帯電話回線、格安SIMサービスを利用するのがおすすめだと思います。

データ通信量と料金のバランスを理解する

ただしデータ通信量やデータ料金に関してはドコモやauなどは「底なし」のサービスになっているので「使ったら使った分だけ料金がかかる」ことは必ず念頭に入れて置く必要があります。

  • au、ソフトバンク、ドコモ 8GB→5,000円
  • 格安SIM 8GB→1,500〜2,000円
  • WIMAX 7GB→3,500〜4,000円

比較するとコストをかなり抑えると考えるとやっぱり格安SIMになると思います。

ただし最近多いデータ通信で考えてみると

  • au、ソフトバンク、ドコモ 20GB→6,000〜7,000円
  • 格安SIM 20GB→2,500〜4,000円
  • WIMAX 上限なし→3,500〜4,500円

WIMAXの方が明らかに得する事になります。

じゃあもしも地方出張が少なくて市街地中心での移動が多い方は明らかに上限なく定額でインターネット通信が出来るのはWIMAXに軍配が上がりますね。

これらの結果からWIMAXは利用する場所を選び、利用する場所を選ばないけども多く通信する人は料金が高額になるのが大手キャリア、バランスが良いのが格安SIMということになりますね。

ただし格安SIMにはデメリットがあります。それは思うような速度が出ない点です。

安いけども格安SIMはやめた方がいい理由は?

格安SIMは軽い作業程度でインターネット通信を行うなら問題ないとは思いますが、動画再生、ダウンロードなどを頻繁に行うのなら実際に利用してみた感覚で言うと「厳しい」の一言です。

また時間帯により非常に混み合う為、問題はまだまだ山積みなサービスです。安かろう悪かろうということですね。

WIMAXは新幹線はNGエリア内市街地はOK

結果的にWIMAXは地方移動が多い人は契約するべきでなないですし、逆に通信エリアの市街地の移動が多い人には絶対おすすめ出来るサービスという結果になりました。

大手携帯電話会社、格安SIM、WIMAXと3つの大きなサービスがありますが、この3つのサービスの特製をしっかりと理解して自分に一番合うサービスを見つけることが非常に重要なポイントになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です